メルパラは悪質メルレ大量の危険アプリなのか→実際はwww

出会い系チャットはメルパラ-無料チャットで出会いトーク
運営会社: MIC GENERAL PLANNING
利用料金 60円/メール1通
異性紹介事業届出 有り
対応OS

地味だが使い勝手のいい出会い系サイト、「メルパラ」がiPhoneアプリをリリースしたんだが、某2ch掲示板ではあまり評判が良くないようだ。

大統領としては気に入っているサイトなので、一体全体どういうことなのか。

ここはプレジデントの責務として、実際にダウンロードして中の状況を確かめてくるしかなかろう。

さっそくAppstoreからインストールしていくぞ。

※ちなみに、Android版のメルパラアプリは今のところ無し。同じ運営会社(有限会社エムアイシー総合企画)のミントC!Jメールも、iOSアプリのみ存在する。

登録はカンタン、電話番号の認証は無し

登録フローはニックネーム・パスワード・年齢・地域を入力するだけで、電話番号認証・SMS認証は無い。

※電話番号認証は無しだが、そのかわり会員IDが割り振られて、退会しても性別を変えての再登録はできなくなっている。

詳しいプロフィールや顔写真の登録は後からでも可能なので、会うつもりならここはしっかり埋めていこう。

タップル誕生、クロスミー、キュンミーなどの恋活アプリでよくある「プロフを完全に埋めれば無料ポイント追加!」みたいなキャンペーンは無かった。

登録完了後にすぐ表示されるのは、女性会員たちの顔写メ一覧だ。

まず女の子の顔を見せてテンションを上げさせる作戦だな!

そしてマイページでは、すでに無料ポイントが21pt付与されており、年齢認証すれば追加で60ptもらえると書いてある。

しかしこのマイページのデザイン…Web版とほぼいっしょだな(笑)

出会いの機能は、画面下のタブの「さがす」「掲示板」「メッセージ」から利用する。

「さがす」は前述の顔写メの会員一覧画面のことだ。

地域や年齢など条件で絞り込んで、好みの女の子を見つけてメッセージを送ってアプローチしていく。

これはいわば一本釣り手法で、対して「掲示板」は撒き餌で女子たちをフィーッシュするやり方だ。

自分で掲示板に女の子を募集する投稿をしてもいいし、逆に女子のメンズを求める書き込みに対して応答するのもいいだろう。

出会うためには「さがす」「掲示板」どっちを選んでもいいんだが、傾向としては即会い・即ハメ系の女子は掲示板に多く生息してるぞ。

出会い系慣れしてない清楚な娘がいい!という場合は、一本釣りで警戒心を解きながらメッセージのやりとりを重ねていくといい。

年齢認証後、世界は一変する

だがしかし、めっちゃ好みのロリ巨乳っ娘を見つけたとしても、年齢認証を終わらせないとメッセージが送れない。

これは免許証などの画像を送信するだけで、自分の名前や顔写真は隠してOKだ(アップロード時に加工できる)。

最近は、SNSアプリを自称し明らかに出会い系アプリなのに年齢認証がないものもあるが、それは完全に出会い系規制法違反なのだ。

法律を安々とやぶる会社が運営しているアプリ、そんなものの利用は避けた方が賢明だな。

さて、年齢認証を済ませればメッセージの送受信が可能となるんだが…どうやらそれだけではなかったようだ。

なんと急に掲示板にアダルティな書き込みが表示されるようになったのだ。

なるほど、18歳未満にエロい内容を見せない配慮、そしてアプリのリジェクト防止策ってとこか。

これはなかなか面白い仕組みだし、思いもよらない事態になんだか大統領もムラムラしてきてしまったぞ。

掲示板で狙うべき投稿とは

しかしここで焦ってエロい書き込みに釣られてはいけない。

なぜなら、その書き込みが素人かどうか見極める必要があるからだ。

例えば上の画像の書き込みはどうだろう。

数多の出会い系戦線をくぐり抜けてきた大統領の見立てでは、左は「悪徳サイト誘導業者」で、右は「援デリ業者」だ。

左の女に話しかけると、おそらくLINEかカカオに移動後、別なサイトでやり取りしようということになって、悪徳サクラサイトに登録させられるだろう。

右の女はシンプルに、1発やってウン万円という援助交際の斡旋が始まる。

やたら長文だし、いきなり性的関係を匂わせてるところなど、どう考えても素人の書き込みではないのだ。

素人が出会い系の掲示板に書き込むと…↓こうなる。

どうだ?

シンプルだし、男に媚びたような文面にはならないのが分かるだろうか。

出会い系では圧倒的に女性優位なのでな。

本当にエッチな関係を求めていたとしても、誰でもOKなわけがなく、初っ端からそれを前面には出してこない。

ある程度やり取りをして、信頼関係が出来た後だからこそ、ガチなエロトークも盛り上がるというものだ。

掲示板の書き込みから女子を狙っていくのであれば、素人っぽさを注視しながら攻めていくんだぞ。

料金について

ここでちょっとメルパラのポイント代について触れていこう。

料金表は以下のとおりだ。

1,080円で80ポイントということは、1ポイント=13.5円となる。

うーむ、Appstore通しての決済なので、Web版でのクレジットや銀行振込に比べると、手数料分ちょっと還元率が悪くなってるな。

メール1通の送信で引かれるポイントは6pt、掲示板投稿を見るのは1~2pt、プロフ閲覧は無料だけど画像は2pt(ちっちゃい顔写メは無料で見られる)か。

ここはWeb版と変わらないが、Web版は顔写メにモザイクがかかっていて、アプリは少し小さい顔写メが無料なのが大きな違いだな。

少し小さいとはいっても、十分に判断可能なレベルなので、使い方によってはアプリの方がお得かもしれないぞ。

退会方法について

次はもし辞めたくなったときのための、退会方法を解説していこう。

とはいえ手順は短く分かりやすいので、特に迷うこともないだろうが、一応書いていくぞ。

  1. 画面右上の歯車アイコンをクリック
  2. 各種設定画面の下の方にある「退会する」へ
  3. 退会ボタンを押す

いったん退会しても再登録することは可能だが、もう一度設定や年齢認証をやり直す必要がある。

キャッシュバック目当てのメルレはいる?

メルパラは現金換金可能なキャッシュバック機能がある出会い系なので、それ目当ての女性会員の存在がよく疑われている。

しかし、昔のガラケー時代ならまだしも、今はスマホひとつでお小遣い稼ぎなんて超イージーになっている。

例えばランサーズでアンケート案件をこなしてもいいし、ちょっと長文書けるならタスク案件を受けてもいいだろう。


ランサーズ-クラウドソーシング

出会い系で男を釣るような真似しなくても、数十円~数百円は数分で稼げる。

メルパラのバック率はメール1往復で7円だが、こんなレートでいったい誰がキャッシュバックのみを目的に活動するんだろうか。

過去にはメルレも多くいたかもしれないが、今はそれより前述の誘導業者や援デリ業者に注意した方がいい。

そしてそういう業者さえ避ければ、メルパラは非常に会いやすいアプリといって間違いない。

大統領もここで、何人ものカワイコちゃんとのデートを楽しませてもらったからな。

メルパラは独特のゆる~い雰囲気があって、そんなに男たちの競争が激しくなく、初心者にも優しい。

大統領の戦略は、まず1通目で「簡潔な自己紹介+答えやすそうな質問」を会員一覧で気になった娘に送る。

「俺はちゃんと収入があって一般常識もあるよ」ってとこを見せておくのが目的で、質問で終わらせるのは返事を返してもらいやすくするためだ。

返事があれば、あとは掘り下げたり他の質問したりで「相手が食いつきそうなデート場所」を探っていく。

それが見えてきたら、すぐにアポ取りに移行。

他のとこだともうちょっとヒネったり、あえてエロトーク挟んだりしないと会う確率は上がらないが、メルパラならそれで十分。

今なら登録するだけで無料ポイントも付いてくるので、まずは自分の地域にどんな女子がいるのかだけ、こっそり見てみてはいかがかな。

本当に出会えるアプリとは

dtbn
悪質なサクラアプリにこりごりしているみんなに、間違いなく優良なアプリを紹介しよう。


コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. 今回は悪徳なサクラアプリとは違う、ガチで出会えるアプリをレビューしていくぞ。その名も…
  2. 地味だが使い勝手のいい出会い系サイト、「メルパラ」がiPhoneアプリをリリースしたんだが、…
  3. 出会い系の中でも評価の高いハッピーメールだが、本当に出会えるのか不安な人もいるだろう。…
PAGE TOP