花水木はチャットレディ用アプリ→1通50円もらえる世界だった…

花水木
運営会社: yuki terashima
利用料金 150円/メール1通
異性紹介事業届出 無し
対応OS

一青窈といったらハナミズキな大統領、今回悪徳サクラ調査するのは「花水木」というおしゃれな名前のアプリだ。

AndroidとiPhoneどちらも対応しているぞ。

アプリ説明欄を見ると「色んな相手と繋がるSNSアプリ」ということになっていて、「本サービスは異性との出会い・交際を斡旋する出会い系ではありません。」と出会い系アプリではないことを主張している。

実はこの主張に意味は無くて、実態に即して判断されるのが出会い系規制法だ。

アプリ内にメッセージ機能があって、ユーザー同士で異性交際の求めがされており、それを運営も黙認していると認定されると、いつ逮捕されてもおかしくない事案になる。

当アプリの中身はどんな風になってるだろうな?

では、さっそく調査をしていこうか。

■評価詳細

それじゃあ「花水木」のサクラ調査結果を細かく見ていこう。

①レビューが自演臭くないか

レビューはたったの1件しかなかった。

そのレビュー内容も「すごく使いやすい」と抽象的な内容であまり参考にはならないな。

自演コメントなのかすら分からないので、先に進んでいくとしよう。

②年齢認証は存在するか

今回のアプリも年齢認証が存在した。

さらには、プロフの写真も審査がされて、審査で落とされると「公開NG」とされて、プロフ写真の登録ができないようになっている。

もちろん顔写真でないと弾かれるので、顔出しOKな人でなければ登録すら出来ない仕様だな。

③ポイント代は適正か

だがしかし、ここまで厳重なアプリにも関わらず、特商法のページが見当たらず、メール1通がいくらなのかも書かれていなかった。

書かれていたのは、上の画像のような説明だけだ。

どうやらこのアプリはチャットレディ用のアプリらしい。

男性ユーザーとメール1通をするたびに、女性ユーザーには50円が支払われるという仕組みだ。

ということは、男性ユーザーはメール1通にだいたい150円以上はかかるのではないかと思われる。

④登録してる女性が顔出し&美人ばかりか

こちらがユーザー一覧のページなのだが、ほとんどが男性ユーザーであり、女性ユーザーはほんの少ししかいなかった。

検索の条件設定をして、女性ユーザーだけ表示しようと思ったのだが、その肝心の検索条件を設定することができなかった。

⑤放置してても女性からメールが来るか

女性ユーザーからメールが届くという事は無かった。

こちらからメールを送ろうとすると、年齢認証が必須のようだ。

特商法のページもないような会社に個人情報を送るのはとても危険だからやめておいたほうがいいだろう。

大統領コメント

「花水木」のレビューは以上だ。

そもそも、このアプリはチャットレディ用のアプリであった。

ただただ、女性とビデオチャットで話がしたいとか、メールのやり取りをしたいという目的の人は使ってもいいかもしれない。

だが、彼女を作りたい、女性と実際に会いたい、という目的の人はこのアプリは適さないだろう。

そもそも、男性ユーザーが圧倒的に多く、女性ユーザーがほぼいないので、競争率が高すぎるぞ。

本当に出会えるアプリとは

dtbn
悪質なサクラアプリにこりごりしているみんなに、間違いなく優良なアプリを紹介しよう。


ピックアップ記事

  1. 今回は悪徳なサクラアプリとは違う、ガチで出会えるアプリをレビューしていくぞ。その名も…
  2. 出会い系の中でも評価の高いハッピーメールだが、本当に出会えるのか不安な人もいるだろう。…
  3. 地味だが使い勝手のいい出会い系サイト、「メルパラ」がiPhoneアプリをリリースしたんだが、…
PAGE TOP